自動車保険を新規で加入する場合の注意点

初めて自動車運転免許証を取得してから車に乗る場合にその車が自動車保険に加入しているかどうかは非常に重要な要素です。万が一、自動車保険に未加入でトラブルを起こした場合は損害賠償金を自腹で支払わなければならないからです。これはトラブルの程度にもよりますが、仮に最悪な事態のケースであれば、億単位の損害になる事も想定されます。勿論、何事も起こさない事が理想ですが何かあった時の為に加入しておくものが自動車保険になります。この自動車保険の金額も免許証の色や車両の価値、または車両保険の有無などによって違いがあります。まずは上記の点について事前に確認して、あなた自身が新規で保険に加入するにあたってどこまでの補償内容が必要かを考え、そしてどこの会社の保険を選ぶのかを検討する必要があります。

自動車保険新規の代理店型と通販型について

あなたが車を所有してから今後、新規で自動車保険を加入する際に気を付けるべきポイントは以下になります。まずは車を購入したディーラーは間違いなく、保険の加入を案内してきます。これはディーラーの営業マンにとって車を販売するのと同様に保険の加入にもノルマがあるからです。またあなたからしても初めての車購入であれば、分からない事が多々あるでしょうから合わせて加入すれば安心、というメリットもあります。ただし、保険費用を安く抑えたい方にとってはこういった保険代理店型ではなく、主にインターネットでのやり取りがメインとなる通販型の保険が一般的には安くなると言われております。これはネットを活用する事によって人件費を省力しているから比較的、安く保険を案内出来るからです。このように現在のご自身にとって、どちらがベストかを選択して下さい。

新規で自動車保険を選ぶ際のポイント

自動車保険の新規加入に関する手順を以下に纏めました。まずはたディーラーで提案された自動車保険の見積りを手元にご用意して下さい。そしてインターネットで自動車保険の一括見積りのサイトを閲覧し、そこで必要な情報を入力します。免許証の色や車体番号、車検時期等々の事柄になります。これらの情報を入力して送信すれば、一括見積りの中から一番お得な会社名と金額がアナウンスされます。これを基にディーラーの見積りと内容の照合をしてみると、違いが分かると思います。このように比較して代理店型の人が見える安心感か、若しくは通販型のスッキリした価格体系を選択するかをして下さい。なお保険費用をより抑える手段として対人、対物はそのままで車両保険を省く方法がありますが、これは自損や当て逃げの際に保険が適用されなくなる為、車両自体に価値が下がっている古い車では安価に抑える一つの方法として有効になります。

海外への旅行や留学、その他の保険加入の体制が充実しています。 火災保険では補償されない損害状況がありますので事前に調べておきましょう。 老後の心配をなくす個人年金保険は、保険料もお安いのでオススメしています。 保険会社の保険料や期間など公式サイトもご覧いただけます。 他人に怪我をさせてしまったときの補償など様々な場面の対応力が抜群! 保険の新規加入ならまず資料請求からご検討ください。 自動車保険に新規加入するならJAL保険ナビにお任せ