新規で自動車保険に入る際は比較検討がおすすめ

新規で自動車保険に加入する際に、どの保険会社にすればよいのか非常に分かりづらいです。なぜなら、日本では自動車保険を取り扱う会社が国内保険会社で28社、外国保険会社が13社もあり、その中から個人が選ぶ自動車保険はたったの1つだけなのです。私たちが免許を取り、運転をやめるまで、それが20歳から60歳だとしたら40年間のお付き合いになると考えるとどれだけ重要か分かります。しかし各社の違いは分かりづらいので、初めて選ぶ時大変です。そこで参考にするべきはインターネットでも確認できるランキングや比較です。年間の保険料の目安や車と接触した際の対応の丁寧さ、ロードサービスの客観的評価や個人の口コミ、更に一括で見積もりも取れますので便利です。自動車保険は保険会社の条件に適合する相性もあるので、ランキングや口コミがすべてではありませんが、比較検討することが大切です。

自動車保険に新規加入する際に知っておくべきこと

自動車保険の各社で特にインターネットなどの見積もりや契約に力を入れている、もしくはメインにしているダイレクト型は様々な割引を用意しています。実際、契約すると保険料が大きく変わることも珍しくありません。自動車保険はころころ変えるものでもないけれど、新しいサービスや商品がどんどん出てきているのも事実で、きちんと見直しを毎年行うべきです。しかし安易に安くなると考えるよりも、まず安くなる条件が必ずあるので適用されるか確認しないといけません。その条件はというと、例えばネット上で見積もりから契約まで完了させること、継続や他社からの乗り換えだと満期の何日以前までに申し込むか、このような条件がほとんどです。その他は2台目以降の車の購入で新規で保険に加入する際につくセカンドカー割引というものあり、かなりの割引が期待できます。その他にも割引が沢山ありますので、契約前に有効活用しましょう。

新規の自動車保険を賢く選ぶにはどうしたらよいのか

自動車保険を新規加入する際に、見積もりを取る前に考えなければいけないことがある。それは、自分のイメージする補償はどのようなものかということです。必要な補償はどの程度なのか、予算に応じた補償、不要ではないかという3つの視点を持って見極めることが必要です。自分のライフスタイルと照らし合わせて、自分や同乗者の損害をカバーする人身傷害補償保険は歩行中などぶつかった際に適用するか、車両保険は必要か等々先にある程度の指標を持ちます。その上で見積もりを取りましょう。インターネットの見積もりには2種類あり、個別見積もりと一括見積があります。個別見積もりは各社の公式サイトで条件を設定すれば、簡単に金額がでます。一括見積は一度の入力で複数の見積もりが取れるので、便利ですが結果が揃うまで少し時間を要します。保険の加入は安さよりも自分に合った補償を見極めることが大切です。