新規で自動車保険を選ぶ時のチェックポイント

新規で自動車保険に加入をする時には、車検証と免許証が必要です。また、最近では自動車保険が提供しているサービスも会社ごとにさまざまあり、リスクの細分化によって同じ条件下であっても、保険会社によって保険料が全く異なるというケースも多くあります。そんな時に活用するのが、自動車保険の一括見積サービスです。車種や年式、走行距離、加入者の年齢など簡単な情報を入力すれば各自動車保険を提供している会社の保険料の見積もりも一括で出すことができます。もちろん無料で利用が可能です。見積もりを出した後は比較する作業に入ります。この時に重要なのは保険料の安さですが、安いばかりの会社を選んではいけません。補償されている内容やサービスなど、保険料が安くて更に充実しているかどうかをチェックしましょう。

自動車保険を新規で加入する時は、保険会社のタイプで選ぶ

自動車保険は大きく分けると、代理店型自動車保険と通販型自動車保険があります。代理店型は代理店を通じて保険の加入を行い、通販型はインターネットや電話で直接、保険に加入する必要があります。それぞれには特徴があり、通販型は保険会社と直接契約を結ぶため、代理店を通す際の中間コストが抑えられるため、保険料が安い傾向にあります。しかし万が一の事が起こった場合、直接保険会社に連絡しなければならない分、代理店型と比較すると手間が発生します。その他にも補償内容と保険料のバランスを重視する必要があります。保険料の安さは重要なポイントですが、万が一の事が起こった時にしっかりと補償が受けられる状態になっていることが重要です。新規で加入する際は、必要な補償や無駄な補償が含まれていないかを、きちんと確認しましょう。

自動車保険を新規で加入する時は、万が一の対応で選ぶ

通販型では、何かあった時の対応が不安だと考えている方も多くいます。しかし、万が一起こった時の対応に関しては、代理店型と通販型では区別することはできません。そうではなく、新規で自動車保険に加入を検討している会社が、受付から解決までどのような体制をとっているのか、安心して任せられるものとなっているのかを確認する必要があります。休日や深夜に初期対応を行うまでの時間がどれ位かかるのかが、重要なポイントです。そしてロードサービスの充実度も重要です。自動車を運転していると、ガス欠やパンク、バッテリー上がりなど実にさまざまなトラブルに見舞われます。そんなときに適切なサポートを提供していることは勿論ですが、遠方でトラブルがあった時などに帰宅費用や宿泊費用などの補てんがあるのかも確認すると良いでしょう。